消防団,町田市消防団,ボランティア,募集,災害時支援ボランティア,就活,東京消防庁,社会奉仕,地域貢献,大学生募集,高校生募集

Home 活動予定
消防団とは?
 

町田市制施行以前は、町田町、南村、鶴川村、忠生村、堺村の各旧町村にそれぞれ消防団がありました。
  その後、昭和29年4月に町田町と南村が合併し、昭和31年3月に町田町と南村の消防団が統合されました。
  昭和33年2月、市制施行により、各町村の消防団が統合され、町田市消防団が結団されました。
  当時は、5個分団、団員数800名を超す組織でしたが、その後の組織改正により、5個分団36個部、団員数660名となっております。
  また、平成10年11月に女性団員が入団し、災害時や広報活動等で活躍しております。(参照元:町田市役所

第一分団第一部は、平成20年9月現在24名の団員により原町田、中町を管轄しております。

当該地区は町田駅前の中心市街地であり、急速な都市化に伴う建築物の高層化や在来住民の減少、ワンルームマンションの急増など都市型防災の対応に迫られています。

当部は2小隊体制による2箇所の詰所とポンプ車1台、照明車1台、資機材運搬車1台による3車両の体制で2010年10月には1小隊器具置き場(詰所)の建て替えが完了しました。

 照明車は平成17年12月に配備された最新車両で4代目となります。
初代照明車は義沢材木店ほか地元の有志により寄贈されたもので、自助共助を旨とする地域住民からなる消防団として本懐の車両であり、その有用性から現在では各分団に1台ずつ配備されるまでになりました。

時代の変遷による課題も多い中ではありますが、今後も市民による市民の為の団隊として初心を忘れず市民の安全安心の為、真摯に活動に勤しむ所存です。

外部資料:大規模災害等における消防団の重要性

総務省・消防団PR資料

 

 
詰所(器具置場)
 

第1分団第1部 1小隊

町田市原町田3-4-6

照明電源車 1台

資機材搬送車 1台

第1分団第1部 2小隊

町田市原町田6-21-5
TEL:042-725-4862

消防ポンプ車 1台

 

 
管轄区分
 

消防団の管轄図です。

消防団管轄図・分布図

 
 
Copyright 町田市消防団第一分団第一部